Anti terrorists campaign

Anti terrorists campaign

anti-t.com(this blog)

Old blog
jap-no.blogspot.fr

twitter
twitter.com/antiterrorists2

現時点での最重要課題は中国の電磁パルス攻撃にいかに対処するかということです!

anti-t campaignPosted by watanabe 2017-10-26 01:25:33

現時点での最重要課題は中国の電磁パルス攻撃にいかに対処するかということです!


ーー

話のはじめは、日本の論客として第一人者であられる、櫻井よしこさんとケント・ギルバートさんの動画になります。

ーー

【櫻井よしこ×ケントギルバート】本当の国難・危機はモリカケじゃない!~憲法改正へ 国民集会~ 2017年10月25日

速報ラジオ

https://youtu.be/kFsdscd7ERU

ーー

動画のはじめ

櫻井よしこさんは、北朝鮮、中国の危険について述べられています。

また、以下のようにも述べられています。

習近平氏は人類運命共同体を作ると言っている。そこで中国が世界中の国の中で一番上の地位に立つ。

中国はそこでは、宗教は認めるとは言いながら、中国的、共産主義的に認めるということ。

中国的、共産主義的宗教といってもよく分かりませんが、例えば、チベット仏教のことを考えると、9割の仏教寺院は破壊され、残った1割の寺院でも毛沢東の像が置かれ、毛沢東語録を学ぶことが強制されている。 もうそんなものはチベット仏教とは呼べない。

そして、憲法9条改正の必要性について述べられています。

動画の後半

ケント・ギルバートさんがアメリカの意図を語りつつ、憲法9条改正の必要性について熱く語られています。

短い動画という訳でもありませんが、いつの間にか終わったな、という感じで見終わると思います。とても興味深い動画だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーー

中国による無血占領を、戦わずに日本を世界を乗っ取ってしまおうとする工作を如何に防ぐか? それが今の一番のテーマ、課題だと思うんです。

日本が北朝鮮に核を直接に向けられている現状、日本が自衛隊を明確に合憲とするべく、やはり憲法改正もしたい。中国に対する関係でも、武力強化できるのはとても大きい。9条改正は是非とも行ってしまいたい。

ただ、中国のやり方は武力の背景は有しつつ、武力を使わずに戦わずに勝とうとするやり方。乗っ取り、支配を考えている。

9条改正は間接的には中国への強い抑止力になる。 ただ、やはり中国との戦い、中国が引き起こすことは武力を使ったものではないものとなるでしょう。

この先は!!!!!


|shinw|note(ノート)

https://note.mu/shinw/n/nff6c72c4200d

をご覧ください!

よろしくお願いします!



,






Fill in only if you are not real





The following XHTML tags are allowed: <b>, <br/>, <em>, <i>, <strong>, <u>. CSS styles and Javascript are not permitted.